これだから風俗はやめられない

潮対応ってやつですよ

彼女、塩対応ならぬ「潮対応」をしてくれる風俗嬢でしたね。彼女、とにかく濡れっぷりがすさまじかった風俗なんですよ。あそこまで濡れるとは思わないというか、別に彼女のプロフを見てもそういったことは書いていなかったんです。感じやすい子とか濡れやすい子だとプロフには大抵そう言ったことが明記されているものじゃないですか。彼女にはそれもなく「お客さんを楽しませます」みたいなことしか書かれていなかったんですよね。だからそこまでじゃないだろうって思っていたんですけど、実際には彼女の濡れっぷりは半端なかったです。そのおかげで自分も彼女に対して潮吹きをすることが出来たんです。きっと体質的な問題なんでしょうね。生まれて初めて女の子相手に潮吹きさせることが出来たんです。彼女の体質の問題もあるとは思いますけど、まさに「潮対応」ですよね(笑)それに、女の子を潮吹きさせてみて、自分でも燃えるものがありました。新しい価値観との出会いかもしれません。

狙ったのではなく、ソープ嬢だった

風俗はジャンルを決めて遊ぶのではなくて、とりあえずポータルサイトを見て、自分が美人だなって思った風俗嬢がいるお店をチェックして、そこでも良さそうであればそのまま指名するってスタンスなんですよね。だからジャンルによって決め打ちする訳じゃないんです。自分のフィーリング次第かなって思うんです。この前はソープでしたけど、その前は性感マッサージでしたしね。だからジャンルというよりも、その日の気分に合わせてどんな女の子になるのかをも楽しむ。それが自分の風俗のスタイルなんですよね。前回はソープだったんですけど、これも元々ソープを狙ったのではなくて、良いなって思った女の子がソープの子だったのでソープにしたって所でしょうか。でも、女の子が良ければジャンルの壁って結構あっさり壊れていくものですよね。その日もそうでした。ソープが最高というよりも、指名したTちゃんがとっても可愛いし、お客のためにがっつりと楽しませてくれたんです。